結婚指輪

結婚指輪 結婚指輪は毎日身につけるものなので、シンプルで飽きのこないものを選ぶ必要があります。
デザイン、素材、そして永く愛用するために不可欠な着け心地のよさが、満足度の高い結婚指輪を 手に入れるためのポイントです。


マリッジリングをデザイン、素材、予算から選ぶ

結婚指輪の選び方

結婚指輪は、多くの人が日常的に着けたまま生活するので、シンプルなデザインが一般的です。
購入方法は、レディメード、セミオーダー、フルオーダーがあります。

レディメードは、既製品です。刻印を入れたりサイズ直しに数週間かかります。 お店によっては既製品に石をプラスしたり、表面の仕上げを光沢に変えたりなど、 オプションを付けられる場合もあります。

セミオーダーは、何種類もあるデザインから、お好みをチョイスしてオーダーする方法です。素材や表面仕上げの方法、石の有無や種類を選べるます。 決まったデザインの中から選ぶので、仕上がりが想像しやすく、安心感を得られるのがメリットです。

フルオーダーは、希望やイメージに沿って、専門家がデザイン画を作成して。世界でひと組しかない オリジナルリングにできるのが魅力です。完成まで2~3カ月と時間はかかりますが、思い通りのものができます。

結婚指輪(マリッジリング)の選び方
二人のかけがえのない未来へ続く道のりを常に左手の薬指で見守り続けるマリッジリングは自分たちらしい飽きのこないデザインを選びたいものです。人気のデザインとタイプ別のマリッジリングの選び方をご紹介します。

エンゲージリングとセットで着けたいマリッジリング
マリッジリングとして単体で使え、さらセットデザインされたエンゲージリングと重ね着けもできます。2本重ねて着ければ、よりいっそう豪華なきらめきが薬指を彩ります。
エンゲージリングとセットで着けたいマリッジリング

カラーストーンのリングと重ね着けしたいマリッジリング
カラーストーンの鮮やかな色合いにぴったりな、シンプルでフラットなデザインのリングです。
カラーストーンのリングと重ね着けしたいマリッジリング


よそでは見かけないデザインのマリッジリングを選びたい
毎日着けるからこそ、よそではなかなか見かけないファニーなデザインを選びたい人へぴったりなリングです。
よそでは見かけないデザインのマリッジリングを選びたい

エンゲージリングとマリッジリングを兼ねたい
一粒ダイヤモンドを留めたシンプルなデジアンのリングは、エンゲージリングとマリッジリングを兼ねたい人にもおすすめです。
エンゲージリングとマリッジリングを兼ねたい

結婚指輪の予算

一生着けるものだから、結婚指輪はふたり納得のものを選びたいものです。
一般的な購入金額は2人で10~20万円程度ですがとくに金額にこだわる必要はありません。 2人でよく相談して、今後の生活設計も考えながら可能な範囲で選ぶことが大切です。

しかし結婚指輪の価格は年々、上がる傾向にあります。その理由は、金やプラチナの地金の高騰です。 地金相場の変動が、ただちに商品価格に反映されるわけではありませんが、これから結婚指輪を 買う人にとっては気になりますね。

また、「毎日身につけるのだから、本当に気に入ったものを買いたい」と、フルオーダー、セミオーダーなど、 こだわりの指輪を購入するカップルが増えているということもあります。 長く愛用する結婚指輪(マリッジリング)だからこそ、2人にとって飽きのこないデザインを選びたいですね。 。

サムシングブルー

青は、聖母マリア様のシンボルカラーとして知られており花嫁の純潔・貞操・清らかさの象徴として、「青い鳥」同様に幸せを呼ぶ色とされています。 サムシング・ブルーは、あまり目立たないところに取り入れるのが良いとされています。

リング内側に小さなブルーサファイヤを入れた結婚指輪を作るカップルも最近では多くなっています。

参考 : 結婚指輪への刻印例




ブライダルリングの選び方

このページのトップへ