さまざまな指輪

指輪はファッションアクセサリーとしてだけでなく、様々な理由で着けられます。
誕生や卒業などの記念に作られる指輪、思いを伝えるためのメッセージを刻んだ指輪、幸せや健康を願うため、お守り代わりの指輪、印章のための指輪など、さまざまな用途で作られます。

ここでは婚約や結婚以外で使われる指輪を紹介しています。

ピンキーリング

ピンキーリングは、小指につける小さめの指輪のことです。ピンキーとは、英語で小指の意味。 小指はチャンスや秘密の象徴として位置づけられます。心をリラックスさせたり、思いがけないチャンスを招く転換の指といわれています。

予知能力が身につき、直感力が鋭くなるといわれ、チャンスを求めるときに小指につけましょう。他の指につけるリングよりあまり目立たないことから、男女を問わず、おしゃれを兼ねたお守り的な使い方として身につける人が多いのもピンキーリングです。


取扱総数30,000点、200ブランドの中からピンキーリングを選ぶ

ポージーリング

ポージーリングとは、短い詩や愛の言葉をリングに刻んだ指輪のことです。
ポージーとはフランス語の「posie」で詩を意味する言葉です。 恋人への誓いの言葉や、普段想っていても言えない言葉をリングに込めて、交換したり、プレゼントとして贈ったりするのにピッタリな指輪です。

また、将来の夢や想いなど込めたメッセージを刻む指輪として、最近ではメッセージリングがお守り代わりやプレゼントとして人気です。


取扱総数30,000点、200ブランドの中からポージーリングを選ぶ

ベビーリング

ベビーリングとは、赤ちゃんが生まれた記念に「元気で幸せに育つように」という願いを込めて贈る指輪です。 古くからヨーロッパでは、1才の誕生日プレゼントに、生まれた月の誕生石が入ったベビーリングを贈るようです。

ベビーリングはあかちゃんが着けるわけではありませんので、非常に小さいサイズで作られます。 大きくなってから、ファーストジュエリーとして、ベビーリングをペンダントヘッドにしてプレゼントしたりされているようです。


取扱総数30,000点、200ブランドの中からベビーリングを選ぶ

カレッジリング

カレッジリングとは、カレッジやハイスクールの卒業記念に作られる指輪です。 もともとは、アメリカのアイビーリングのカレッジで卒業記念に作られたのが始まりです。

学校や学科などにより独自のデザインがあり、卒業年、スクール・マーク、カリキュラム、スポーツなどのデザインが刻まれます。最近では日本の大学などでも制作するところがある。


取扱総数30,000点、200ブランドの中からカレッジリングを選ぶ

トウリング

トウリングは、足の指に着ける指輪のことです。トウとは、英語で「toe」で、足のつま先のことです。 指輪のアーム部分がカットされていて、フリーサイズなのでどの指ににも着けることができます。

本来は 足の指用ですが、小さいサイズであり、フリーサイズのため指の細い人には手の指輪として着ける方もいます。 足さきの出せる夏場のアクセサリーです。


取扱総数30,000点、200ブランドの中からトウリングを選ぶ

このページのトップへ