婚約指輪

婚約指輪 「婚約や結婚」とひとくちに言っても、それぞれのライフスタイルや結婚感によって、そのカタチはさまざまです。
それは、結婚指輪や婚約指輪にも反映されます。 最近では定番のダイヤのプラチナ指輪ではなく、デザインやブランドで選ぶ方も多いようです。ぜひお二人にピッタリの婚約指輪を選んでください。





婚約指輪の選び方

「結婚しよう!」といってプロポーズの言葉とともに、男性から女性に差し出す指輪が婚約指輪です。 テレビドラマなどでは、カクテルグラスの中に入れていたり、プレゼントの花束にくくりつけたりして サプライズな贈り物のように思われていいます。

でも現実には、気に入ったデザインの指輪を一緒に買いに行くほうが多いはずです。 タレントが記者会見で見せる数十カラットで何百万もする指輪と違い、普通の人には 給料1か月分?の指輪が一般的なようです。

ダイヤモンドのプラチナ指輪が、婚約指輪の定番ですが、最近ではそれにこだわらず、 真珠や誕生石を選ぶこともあるようです。一度きりしか使わない指輪より 普段付けにも使え、自分のライフスタイルにあったものを選ばれることをおすすめします。

婚約指輪(エンゲージリング)の選び方
宝石がきらめく美しいエンゲージリングは、婚約の間だけではなく、結婚した後も身に着けたいものです。人気のデザインと、タイプ別のエンゲージリングの選び方をご紹介します。

手のタイプから似合うデザインを選ぶ
・指がふくよかで長めの人 比較的ボリュームのあるデザインのリングは、指とのバランスが良く、個性を引き立てます。
・指がふくよかで短めの人 字や縦長、シャープさを感じさせるデザインのリングは、指を長く見せる効果があります。
・指が細くて長めの人 どんなデザインのリングも似合いますが、華奢で繊細なデザインのリングは手の美しさをいっそう引き立てます。
・指が細くて短めの人 華奢で繊細な、流れるようなデザインのリングが 手の可愛らしさをいっそう引き立てます。
手のタイプから似合うデザインの婚約指輪

結婚後も日々着けたい方のエンゲージリング(婚約指輪)
一粒ダイヤモンドを留めたシンプルなデザインのリングは、マリッジリングと重ね着けするのにピッタリ。エンゲージリングとマリッジリングを兼ねたい人にもおすすめです。
結婚後も日々着けたい方のエンゲージリング(婚約指輪)

結婚後もおでかけやイベントのときに着けたいエンゲージリング(婚約指輪)
それほどカジュアルにふだんツ系はしたくないけど、ちょっと特別な時に身に着けたい人にぴったりなリング。華やかなファッションによく似合います。
結婚後もおでかけやイベントのときに着けたいエンゲージリング(婚約指輪)

マリッジリングとセットで着けたいエンゲージリング(婚約指輪)
セットデザインされたマリッジリングと重ね着けしたい人へぴったりのリング。2本重ねて着ければ、よりいっそう豪華なきれめきが薬指を彩ります。
マリッジリングとセットで着けたいエンゲージリング(婚約指輪)


婚約指輪の平均価格は?

婚約指輪を買うときになって、どのくらいの価格のものを買えばいいかまよいますよね。
「婚約指輪は給料3か月分」といった宝石会社のキャンペーンにうまくのせられて、 男性も女性も婚約指輪の価格はそうなんだと思うようになったみたいです。
でもいくらのものを買えばいいかわからない人には、目安となったのではないでしょうか。

ネットなど、各企業で発表している婚約指輪の統計調査では、 30~40万円、「給料1か月分」が相場だそうです。 高価なダイヤの大きさを競うより、デザインやブランドを重視して選ばれるようです。

婚約指輪はダイヤモンド&プラチナ?

一粒ダイヤモンドの縦爪プラチナリングは、婚約指輪の定番でした。 しかし最近では、ダイヤモンド以外の石を選ぶ人も増えているようです。
指輪の素材も、プラチナ以外にゴールドや、プラチナとゴールドのコンビを選ぶ人もいます。 ゴールドもホワイトゴールドやピンクゴールドなど、従来のイエローではなくカラーゴールドの 指輪も人気のようです。

婚約指輪を買うスケジュール

普段指輪など買わない男性の中には、宝石店にいけばすぐに買えると思っている人がいるようです。 二人で納得できる婚約指輪を選ぶには案外時間がかかるものです。 結納やプロポーズのスケジュールにあわせて失敗のないように十分時間をとって準備してください。

指輪は、宝石店のケースにならんでいる既製品、好きなデザインの枠と宝石のルース(裸石)を それぞれ選び組み合わせ、好みの指輪に仕立てるセミオーダー品、デザインを一から起こして作る フルオーダーという注文方法があります。 既製品の場合、自分の指のサイズに直してもらったり、内側に文字入れをしてもらうために 2週間から1月ほどかかります。

また。指が非常に細い、もしくは太いといった特殊な事情のある方の場合は、通常のサイズ直しより、 倍の時間がかかることもあるようです。 セミオーダーやフルオーダーになると1月以上かかります。 特にフルオーダーの場合で、特殊な大きさや品質の宝石を探すような場合はかなり時間がかかることもありますので、 まず早めに宝石店に相談してみてください。 いずれにせよ、婚約指輪も結婚指輪も、早めに準備を始めて困ることはありませんので、 ふたりでじっくりと指輪選びデートを重ねてください。

参考 : 婚約指輪への刻印例






このページのトップへ