金属アレルギー対策

金属アレルギーとは、アクセサリーや日用品に使われている金属が、汗や体液などでわずかながらに溶け出し、イオン化した金属が身体に入り込み、次に同じ金属が触れると拒絶反応を起こして、かぶれる現象(アレルギー性接触皮膚炎)といいます。

一番起こりやすいのは、ピアスを初めて着けるときです。指輪は、指の厚い表皮にはばまれて金属が体内に入りにくいのですが、ピアスは皮膚を貫いて皮下組織に直接金属が接触するために、拒絶反応を起こしやすいのです。

金属アレルギーの原因

金属アレルギーは誰にでもかかるというわけでもありません。金属の種類や着けている人の条件で変わってきます。ニッケルやコバルトなどの、低品度とされる金属ほど起こしやすいとされています。

着けている人のその金属に触れる頻度と条件によって変わってきます。最初の接触によって感作が起こる場合もありますが、何回も接触を繰り返しているうちに、例えば数十年にわたって感作されることも有ります。

また、汗をかくことが多い夏に身に着ければ、汗によってわずかに金属が溶け出し、発症しやすくなります。 その他着ける人の体質、例えば汗をかきやすい人かきにくい人、皮膚の厚い人や薄い人とさまざまな要因が組み合わされて、アレルギーが引き起こされます。

家庭用品に使われる金属製品の多くは、色合いを良くし、耐腐食性を持たせるために、メッキという形で多種金属の表面加工がされています。 アクセサリーに使われている金属の多くは、合金を用い、あるいはその上にメッキを行っています。どんな金属でもアレルギーを起こす可能性をもっていると言えます。

アレルギー性接触皮膚炎の原因の第一位は、ニッケルです。汗の中の塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強く、過去にニッケル・アレルギーにかかった人は少量の汗でもニッケル製品を身につけただけで皮膚炎を起こしたりします。

指輪の黒ずみを防ぐためのロジウムメッキは下地にニッケルメッキを施します。これが金属アレルギーを起こす原因にもなっています。

金属アレルギーにならない方法

1.アレルギーの人は金属を身につけない。 医者でどの金属が自分にとってかぶれるかパッチテスト(金、銀、プラチナなどの金属溶液をつけた絆創膏を皮膚にはって状態をみる)を行えば、そのかぶれる金属を使わないことで防ぐことができます。

2.ピアスは清潔に! 最初のピアスは生傷の状態なので清潔さを保つことが重要です。しかし清潔を消毒と間違えて、消毒し過ぎ(特にアルコールなどの強い消毒液)でかぶれてしまい、さらに悪化させてしまうケースも多いようです。

3.素材の選択に気をつける 金、銀、プラチナは金属アレルギーになりにくい金属です。ニッケルなどの合金を使わない高品質な製品を使用することでアレルギーを起こしにくくなります。また、ピアス・ポストの長さが短いものをつけていると耳たぶを圧迫し、アレルギーを引き起こしやすくなります。

このページのトップへ