指輪と着ける指の意味

指輪を選ぶとき、デザインや宝石を十分考える方は多いですが、着ける指の意味合いを気にする少ないようです。また指の長さや太さによっても似合う、似合わないがあります。指輪と着ける指の意味を知れば、自分にピッタリな指輪が見つかること間違いなしです。

着ける指の意味

普段なにげなく付けているリング。デザインや他のリングとのコーディネイトによって、どの指に着けるかを決めている方が多いようですが、各指それぞれに意味を持っています。また、左右にも意味があります。基本的には右手より左手にする方がいいようです。それは、左手の方が敏感なため。左手で感じ、右手で表現するとか....。左手に付けることで、外的なストレスから守られる。右手に付けた場合は、活力をUPされるといわれています。また古くより右手は「権力と権威、左手は「服従と信頼」を表すと言われています。

小指(a little finger):ピンキーリング

チャンスや秘密の象徴。心をリラックスさせたり、思いがけないチャンスを招く転換の指といわれています。予知能力が身につき、直感力が鋭くなるといわれ、チャンスを求めるときに。

薬指(the ring finger):アニバーサリーリング

創造のを象徴。特に左の薬指は、古代エジプトより神への聖なる誓いとして命に一番近い指、そして愛の血管が心臓に直接つながっているとされていました。薬指は10本のうちでいちばん動きが少なく、大切な指輪を落としにくい、という実用的な意味もありました。 東洋医学によれば、ここに指輪をはめると、大切なツボを刺激して健康になるとされる。はめると適度に肌が圧迫されるのも心地よく、普通の指輪もここだとよく落ちつくのです。また、ここに指輪をはめればエレガントな雰囲気に。

中指(the middle finger):ミドルフィンガーリング

直感、ヒラメキの象徴。また、どんな指輪も良く合い、ユニセックスに着けられるのが中指。より高いゴールを目指す時、インスピレーションを求める時に。 薬指についでどんな指輪もよく似合います。自由きままに、カジュアルな気分が演出できる。独身の女性は中指に。魅力的になって、すてきな男性をひきつけるという言い伝えがあります。インスピレーションのわく指でもあり、創造的な仕事をするのに大切な指です。

人差し指(an index finger):インデックスリング

人を導き教える時に。ここに指輪を着けると活動的なで自立心がつくといいます。また、知恵そして博愛を刺激するとか。個性的なイメージを演出する時に。

親指(the thumb)

古代ローマでは婚約指輪以外は、すべてここにはめると、望みがかなうとされていました。 試してみては?


指のタイプ別の指輪選びポイント

普段ずっと身につけるものだから、自分の指に似合うことが指輪選びの大切な条件のひとつです。そこで指のタイプ別に指輪選びのポイントを紹介します。 より手元をステキに演出してくれる、とっておきの指輪を見つけるご参考にどうぞ。

指が長い人

指の長い人はどんなデザインの指輪も似合いますが、おすすめはアームが直線的、ボリュームのある幅広タイプです。個性的で凝ったデザインのものも指映えします。逆に、アームが細すぎると指輪が貧弱に見えてしまうこともありますので、その場合は2本3本と重ねづけしてください。

指が短い人

V字、U字、ウェーブなどアームに変化のあるデザインが、指を長く見せてくれる効果があります。メレダイヤなど石がちりばめられた指輪も、指以外に視線をそらせる効果があって指の短さをカバーしてくれます。

指が細い人

細身のアームが似合います。透かし彫りや小さめのモチーフ、小さな宝石を埋め込んだ指輪など、個性が強すぎない繊細なデザインは、華奢な指を華やかに見せてくれます。

指が太い人

幅広のアームで、視線が縦に流れるデザインが、指を細く見せる効果があります。ゴールドとシルバーのコンビや大きめの石をセットするなど立体的なデザインも効果的です。

関節が目立つ人

ゴツゴツした関節の太さが気になる指は、ボリューム感のある指輪でカバーします。幅広のストレートアーム、石入りなら埋め込みタイプが関節を目立たないようカバーしてくれます。



このページのトップへ